家庭教師のデメリット

家庭教師を雇う際、メリットがある反面デメリットも理解しておく必要があります。 まず一番大きな点が費用面です。 集団指導塾と比べると、マンツーマンの家庭教師の方が授業料は割高になります。 次に、集団指導塾では周囲の子供たちと切磋琢磨しながら勉強することができますが、家庭教師の場合は周りに競争相手がいません。 学習塾によっては模擬試験の結果によってクラス替えを頻繁に行うなどして、子供に競争意識を持たせるところもあります。



負けん気の強い子は、周囲に触発されて勉強に集中するようになるケースもあります。 しかしこれは子供の個性によるところが大きいので、集団授業にプレッシャーを感じてしまう子や、 講義形式の授業になかなかついていけない子にはマンツーマンの家庭教師の方が良い場合があります。 最後に、家庭教師との相性です。



これについては初対面の印象だけでは判断が難しいので、何度か授業を受けてみて子供との相性を見ましょう。 もし合わないと感じた場合や、教師の指導力に納得いかない場合は家庭教師の派遣業者に相談をしましょう。 マンツーマンだからこそ子供にとっては身近な存在になりうる家庭教師ですが、 あまりに距離が近くなりすぎると馴れ合いが出てくることがあります。 適度な距離を保ちながら良い関係を築けるように心がけましょう。